校長あいさつ

「前へ」 - 一人ひとりが輝く学校づくりを目指して -

校長 藤城 義光

 愛知県立豊橋西高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。令和3年4月6日、真新しい制服を身にまとった158名の新入生が、校門をくぐりました。学科改編2年目の入学生になります。
 本校は中規模校の良さを生かし、先生と生徒の距離がとても近い学校です。朝夕の元気で爽やかな挨拶・品格ある身だしなみ・清潔な学習環境整備を心がけています。また平成15年度入試からは外国人生徒及び中国帰国生徒等にかかる入学者選抜を継続して実施しており、外国語支援員さんの協力を得ながら、質の高い学習支援を行っています。3年次になると、それぞれの進路実現のために、すべての先生が志望理由書・小論文・面接等の指導を担当しています。
 学校の重点目標のひとつは「自尊の感情と自己有用感を育てる」であり、これを是非継続していきたいと考えています。そのために、生徒諸君には様々な場面の提供や役割を与えていきます。各種行事は生徒を前面に出し、生徒主体で運営できるようになって欲しいのです。西高では、授業・学校行事・部活動・ボランティア活動など、どの場面でも、一人ひとりの良さを見いだし、さらに伸ばしていきたいと考えています。 色々な出番の得られる学校ですので、失敗を恐れず何にでもチャレンジしてもらいたいと思います。校訓「為せば成る」は不屈の開拓者精神を謳っています。
 本校は、37年間の普通科の伝統を大切にしながら、総合学科へと生まれ変わりました。これまでと同様に進学を重視しながら、多様な進路選択に応じた指導を進めてまいります。保護者の方から「通わせてよかった学校」、生徒諸君から「通ってよかった学校」と言っていただけるように、また地域の人たちからも愛される学校づくりを目指していきます。将来、この東三河特に豊橋市で活躍できる人材育成ができれば本望です。