校長あいさつ

創立40周年の節目の年を迎えて

校長 藤城 義光

 愛知県立豊橋西高等学校のホームページにアクセスしていただき誠にありがとうございます。
  新型コロナ感染症防止のための自粛が丸2年以上にも及び、色々なところに目に見えない自粛疲れや弊害が出てくることが想定されますが、そんな苦しい時こそポジティブにいきたいと考えます。「明日はきっといい日になる」を信じて前に進んで行きたいものです。いよいよ西高は総合学科の完成年度を迎えます。併せて創立40年の記念すべき年を迎えます。これまでに本校を巣立った同窓生は12000名を越え、各方面で活躍されています。これまでの伝統を礎に新生西高の在り方を模索していきたいと考えています。
 生徒諸君から「通ってよかった学校」、保護者の皆様から「通わせてよかった学校」と言ってもらえるような満足度の高い学校にしていきたいです。総合学科への学科改編に伴い、細分化された授業が増加し、これまで以上に先生と生徒の距離が近く密度の濃い授業を受けられるようになります。決して易きに流れず、校友と切磋琢磨して自らを磨き上げてもらいたいと考えます。可能性は無限大のはずです。
 本年度のテーマは 「一人ひとりの生徒が主語になる学校づくり」とします。一人ひとりの生徒が活躍できる場面をできるだけ多く提供していきます。その中で、失敗しながらも小さな成功体験を積み上げていってもらいと考えます。私たち教職員は、最後まで諦めずに頑張ろうというメッセージを根気強く発信し続けていきます。
 「奇跡の出会い」を提供できる学校でありたいと切に望んでいます。